購入実践者の結果評判 - 古屋達司の【外反母趾改善DVD】解説ホームページ

サイトマップ

古屋達司の【外反母趾改善DVD】では、患者さん100%全員に共通する「ある悪い歩き方」を改善する秘密の方法を公開します。

購入実践者の結果評判 古屋達司の外反母趾改善DVD

古屋達司の【外反母趾改善DVD】解説ホームページで、購入実践者さんの結果や評判のご紹介です。

画像64

齋藤 佳代子様(60代 女性 主婦)

古屋先生、この度は本当にありがとうございます。

私は、1年以上前から左親指の付け根が腫れてしまい、靴に当たってとても痛くなりました。 困って、市立病院の外反母趾外来に行きましたが「手術しか方法がないです」と説明されました。

手術はできるだけしたくない…と思った私は、何とか他に良くなる方法はないものかと探し続け、それからは、鎮痛消炎効果のあるテープを患部に貼ってしのいでいました。

これを1年間は続けていたと思います。

ところが、手足にシビレが出るようになってきて、周りの人に聞くと テープの影響が考えられるかもしれないと言うので、テープの使用を中止したら、シビレは出なくなりました。

テープを貼っていた1年間は親指の付け根は腫れたままで、靴を履くと当たって出る痛みは変わらなかったのですが、他に方法を知らなかったし、貼るとなんとか歩けるので、このテープを続けていました。

テープを止めて、本当に治すための方法を探していたところ、古屋先生の改善法を知りました。

先生の説明から外反母趾の根本の原因として歩き方が良くないこと、それが、いろいろな例を交えて説明してあったので、なぜ外反母趾が起こるのかがよく解りました。

実際、歩き方は、長いこと続けていたペタペタ歩きで悪かったのがわかり、その日から、歩き方の実践と、トレーニングを始めました。

足指の動きが、歩くことにこんなに重要とは、正直思ってもいませんでした。私は完全に浮き指の状態だったんですね。

体重を足指までのせて歩くことで、何か、体がしっくり来る感覚がありました。日記をつけたのですが、開始して11日目には痛みがかなり減っていて嘘のようでした。

25日目には腫れも引いてきました。

友人から「歩き方がすごくよくなったわねぇ」と言われました。

そして1ヶ月過ぎた頃には、腫れが完全に引いて、痛みもまったくなくなっていたのです。

1年以上も悩んでいた腫れと痛みが、1ヶ月で消えてしまったのには驚きでした。孫と歩いての散歩が、また出来るようになりました。

この歩き方は今後も続けていこうと思っています。先生には感謝の言葉もありません。

画像65

阿部 剛士様(60代 男性 ビル管理業務 )

始めは、右親指の違和感だけだったのですが、 職場の仲間とソフトボールをした後に症状が悪化しました。 右親指の腫れと痛みがみるみるひどくなって、最初は病院にいきました。

自分では、最初、痛風かと思ったのですが、病院では「痛風ではない」と診断され、鎮痛消炎剤を処方されました。

それから2週間くらい経ち、少し痛みと腫れは落ち着いたのですが、夕方になるとまた痛みがひどくなります。

毎日必ず歩く仕事をしているので、早く良くしなくては、と思っていたところ、この外反母趾改善法に出会いました。

古屋先生の説明から、私の足が非常に硬くて、第3関節がほとんど曲げることができず、 また、歩行もペタペタ歩きで足指にしっかり体重を乗せて歩いていないことがわかりました。

そこで正しく適切な歩行法とトレーニング方法に習い、やってみることにしました。

最初はこのようなことで治るのか不安でしたが、毎日意識して継続しました。

ところが、驚くほど効果は歴然で、始めて20日目には、 痛みや腫れはほとんど治ってしまいました。

再発防止も兼ねて、私はさらにじっくりと努力を続けました。 その結果、意識せずとも、足指に力を入れるような歩き方ができるようになってきて、 足の調子はさらによくなりました。

第3関節の動きも柔らかくなり、よくなったと思います。 そして、いつのまにか、隣の指に乗り上げていた 左親指の変形もかなり矯正されていたことに気がつきました。

こんなに効果のある方法を教えて下った先生は、間違いなく私の恩人です。古屋先生には、感謝の言葉もありません。

画像66

長尾 桂子様(50代・女性・主婦)

古屋先生

以前から気にはなっていた外反母趾でしたが、ここ1年で痛みがどんどん強くなり、 とうとう我慢出来ないぐらいになっていきました。

外出しても帰宅時は足を引きずるようでした。だんだんと外出しようとする気も遠のくばかり…

近くの病院でテーピングをしてもらい、しのいでいました。 そんな姿を見ていた主人が会社の診療所の先生に相談し、大学病院を紹介してもらいました。

大学病院では足を触れるわけでもなく、レントゲンを診ただけで、すぐ手術の話になりました。 その時は私も、この痛みがなくなるのならと、次回の来院のときに手術日を決定する話となりました。

その頃、片方の足は化膿していて、本当に歩くのも痛かった程です。 親指の付け根の出っ張っている部分が靴にこすれ続けて皮がむけて、化膿してしまったのです。

私は、歩かないわけにはいかない仕事なので、どうしようもなかったのです。 元々、歩くことは大好きで山登りが趣味だったのに、それどころではありませんでした。

そんな時に、子供が調べてくれて、この外反母趾改善法を知りました。

足の構造や正しい歩き方、横アーチ筋の働きなど、自分の生活習慣(歩き方)のいけないところがよくわかりました。

歩き方の改善と足の体操を行なった結果、あんなに痛かった足が、 1ヶ月くらいで、どこが痛かったの?と思う程になりました。

その頃、大学病院の手術日が近づいていたのですが、手術するという事が頭から消えていましたので、あわててキャンセルの電話をしました。 痛みがなくなると、手術なんてとても考えられません。

足の痛みは、今は全くありません。 本当にうれしい限りです。 好きだった山登りも復活して行ったりしましたが、痛みは全く出ませんでした。

先生には本当に、感謝しても、し足りないくらいです。心からありがとうございました。 

画像67

山下 香代様(30代 女性 インテリア関連会社勤務)

私は、外反母趾というよりは、左足裏のタコの痛みがあり、治す方法を探していました。

外反母趾のほうはたぶん中学生頃から変形が始まっていたのですが、親指側には痛みが出なかったので放置していました。

ショールームの受付をしていて、仕事ではパンプスを常に履かなければいけませんので、足にはよくないと思っていました。

4年半ほど前から、左足の裏にタコが出来ていましたが、3ヶ月ほど前から急にそこが痛くなってきて、仕事していてつらく感じるようになりました。

ヒールを低めに変えたり、インソールを入れたり、思いつく限りのことをしましたが、なかなかよくならなかったところ、古屋先生の外反母趾改善法を見つけました。

そして、長い間のよくない歩き方のせいだとわかりました。

私の足は典型的な浮き指という状態で、特に左の足指の動きや歩き方が非常に悪くて、それが原因で外反母趾になり、タコも出来てしまったということでした。

無関係と思っていた外反母趾とタコが、実は同じ原因、つまり、間違った歩き方のせいだったんですね。

さっそく、4つのポイントに注意しながら歩き方の改善に取り組んだところ、最初は慣れない部分は多々ありましたが、だんだんタコの痛さが和らいでいきました。

1ヶ月もして、ふと気がつくと、あれほど悩んでいた痛みを感じていないと思いました。 本当に、嬉しいです。

足指に力を入れて歩くことをやったので、浮き指がかなり改善されたようです。

外反母趾の見た目にも、右親指と人差し指の重なりが少なくなってきた感じですし、左人差し指が伸びて親指よりも長くなったという気がします。

肝心のタコは、見た目ではあまり変わっていませんが、足指でしっかり立って歩くことを覚えたので、2ヶ月経過している今では、ほとんど痛みがなくなりました。

本当を言いますと、こんな短期間で痛みが取れるとは思っていなかったのでとても嬉しいですし、先生には、本当に感謝しています。

同じように、外反母趾やタコで悩んでいる方がいたら、この治療法をお奨めしようと思っています。

画像68

多々良 美絵様(20代 女性 営業職)

私は人材派遣会社の営業職で、毎日複数の会社を訪問するので仕事上かなり歩くほうだと思います。

足の指が人より長いせいかもしれませんが、5年ほど前から親指の変形が気になって、外反母趾ではないか?と思い4年くらい前に整形外科に行きました。

病院では「特に今何もする事がないから、様子をみて下さい」としか言われず、不満でしたが、そう言われると放置するしかありませんでした。

半年ほど前から、歩いている時に右親指の外側がすごく痛むようになって、整形外科には、なんとなく不信感があったので、自分で治そうと思い、外反母趾対策用の高い靴を何足も試しましたが、痛みはちっともよくなりません。

どこか専門に治してくれるところはないかと探し続け、この歩き方の治療法を知りました。

整形外科でもきちんと教えてくれなかったのに、こんなに足について詳しく説明してあり、とても勉強になりました。

私のように足指が長い人は、靴の中で足指を浮かせて歩くことが多くなるらしいんです。言われてみれば私の歩き方は、子供の頃からそうでした。

そして、そういう歩き方をしていると、横アーチを構成する筋肉が衰えて、開張足になって、外反母趾が進むということでした。

それから、真剣に歩き方の改善をスタートしました。最初は、気をつけてやらないと、元の歩き方に戻ってしまうのですが、やっているうちに正しい歩き方のほうが、体に気持ちいいことがわかってきたんです。

スタートから3週間程度で、痛みがとても軽くなり、浮き上がっていた足指が真っ直ぐになってきたと思います。

さらに3週間ほどたつと、痛みはほとんど感じなくなってしまったのです!

外に向いていた親指もしっかり伸びてきていい形になってきました。本当に嬉しい!です。

私の場合、まだ変形が軽いほうだったから、よかったのだと思います。 正直、歩き方に気をつけるだけでこんなに違うのかと驚きました。 今では、正しい歩き方が自然にできるようになりました。

すごくシンプルで簡単なことなのに、親も知らないですし、どこを見ても、正しい歩き方のことを教えてくれないですよね。

先生、こんなに大切なことを教えていただいて、本当にありがとございました!

画像69

若林 真咲様(20代 女性 コスメ販売員)

私がこの古屋式外反母趾改善法を知ったのは、外反母趾はもちろんですが、小指の外側にできたタコが靴に当たって、すごく痛むようになったからでした。

化粧品売り場で働いていますので、スーツにパンプスを履かなければならないんです。 外反母趾の親指はもちろんですが、左右の小指の外側が靴に当たってタコができてしまい、痛くてたまらなかったんです。

パンプスだけではなく、お休みの日にスニーカーを履いていても痛みが出るようになってしまいました。

そこで、ネットでいろいろと検索してホームページを見たら、とても信頼できそうな感じだったので、やってみようと思いました。

実際に歩き方をチェックしてみると、足の指に体重が乗っていなくて、十分に動いていないことが分かりました。

そこで、歩き方のコツを参考にしながら、足の指に力が入るような歩き方を実行しました。

1ヶ月くらい続けてみて、タコの痛さがどんどんなくなっていきました。そして、浮き指の状態が無くなり、さらに1ヶ月くらいして、痛みがまったくなくなりました!

小指に巻いてカバーしていたバンドエイドも必要なくなっちゃいました。今、5ヶ月くらい経っていますが、歩き方の改善やトレーニングを続けた結果、症状はほとんどないんです。

足指に体重を載せるということが、もう感覚でわかっています。今までは踵に体重が乗っていたんですね。

今回もう一度、角度を測ってみると右25.1度が24.0度に、左30.6度が26.3度になっていました!

これから、少しでも形がよくなるように、しっかり継続していきたいと思っています。本当にありがとうございます!

画像70

平田 智則君(10代 中学生・男子の母)

先生には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

おかげさまでうちの長男は、元気にまた大好きなサッカーに熱中しています。サッカーは小学校から中1の現在まで6年間続けています。

2年程前から外反母趾の変形が始まっていましたが、日常生活では時々痛む程度でした。

ところが2学期の始めくらいから、サッカーをやった後、特に左の親指の付け根がすごく痛い、と言い出し、インターネットで調べて先生の改善法に出会いました。

息子の歩き方を見て、まさに悪い歩き方そのものだった事がよく分かりました。そして、毎日走り回って足を鍛えていても、それ以外の日常生活での歩き方が悪ければ、外反母趾になってしまうことがあることもよくわかりました。

息子は、サッカーがやりたい一心で、とても真面目にトレーニングを行なって、悪い歩き方を治していました。 始めてすぐに、とても調子がいいと言っていましたが、 なんと、たった30日くらいでもう痛くない、と言うんです。

これには、母の私もびっくりでした。

いま、2ヶ月くらい経っていますが、当然のように正しい歩き方を続けています。外反母趾の変形までは治りきっていませんが、指の角度もかなり改善されたようです。

今は「足の指を使う感覚が分かった」なんて言って、前よりも走りやすくなったとまで言っています。

再び、息子がサッカーに打ち込めるのも、全て先生に教わった改善法のおかげです。

画像71

谷口 育弥様(60代 女性 主婦)

私は、40代の頃から、外反母趾が始まっていました。最初は、変形した親指の付け根が痛かったのですが、なぜか、2年ほど前から踵のほうの痛みが強くなって、歩くのがとてもつらくなってしまいました。

外反母趾グッズについては、サポーターなどを通販でたくさん買い漁りました。

整形外科で、オーダーメイドのインソールを、外出用、室内用と二つ作りました。

効果は一時的なもので、少したつと効果が薄れ、痛みを和らげるのには役立ちませんでした。

整形外科の先生に、 「それなら、あとは手術しか方法がないですね」と言われましたが、 手術なんて絶対に嫌でしたので、必死になって他の治療法を探しまして、 こちらのホームページを見つけました。

古屋先生の説明には、足の構造や筋肉のことをわかり易く解説していただき、 目からうろこの思いでした。

その頃の私の足は、指が完全に浮いていて指先にはまったく力が入っていない状態です。 それなのに、指先にタコができているのです。

今から思えば、外反母趾が現れていたのに20年間近くも放置してきたことに自分で愕然としました。

それからは、悪い歩き方の習慣を改善するように自分なりに真面目に取り組みました。トレーニング法もとても役に立ちました。

その後、だんだん足の指に力が入るようになって、踵の負担が無くなり、痛みが少なくなっていきました。

歩き方でこんなに痛みが変わるのか、と本当に実感しました。

3ヶ月ぐらいで、じっとしているときの痛みがなくなり、5ヶ月で、歩いている時も踵はまったく痛みが無くなりました。

それで、足(手)放せなかった室内用の中敷きも、もう必要がなくなりました。指先のタコはほとんど消えてなくなり、指の浮き上がった状態もかなり改善しました。

しっかり足を床につけられるようになって、毎朝の体操をするときも、体のふらつきがなくなりました。いくつになっても体の改善はできるんだ、と非常に感動しております。

古屋先生には、なんともお世話になりました。今後もよろしくお願いいたします。

画像72

藤原 智美様(14歳・中学生)(お手紙はお母さん・主婦)

古屋先生、今回は娘の外反母趾に適切な治療法を授けていただき、本当にありがとうございました。

娘の指の変形は幼稚園の頃からで、小学校低学年の時に整形外科に行ったのですが、「この程度なら大丈夫ですので、様子をみましょう」と言われただけでした。

その後中学で、陸上部に入って練習をほとんど毎日行うようになってから、痛みがどんどん激しくなっていきました。

通学時に歩くだけでも親指の付け根に激痛が走り、夜寝ている間もズキズキ痛んで眠れなかったのです。

再度整形外科に行くと、手術をすすめられたのですが、なるべく手術は避けたい思いは娘も私も一緒でしたので、しばらくは痛み止めを処方してもらい、何とか我慢して生活していましたが、全然、症状はよくならず、このままでは本当に手術になってしまうと思い、なんとかしなくてはいけない…と、いろいろと聞いて回り、知人の紹介で古屋先生の事を知りました。

こうなった原因や足の筋肉のことなどが分かり、それによると典型的なペタペタ歩きで、足の指が浮いた状態であるとのことがわかりました。

わかりやすく、丁寧に解説された歩き方の方法と補足するトレーニング法を、親子して取り組みました。

歩きの改善法を続けて、だんだんと効果があらわれたようです。

1ヶ月ほどのうちに、 「夜のズキズキした痛みが消えた」と娘に聞いて、本当に喜びました。歩くときの痛みも少しづつなくなってきたというのです。

その後、少し痛みが再発したり、良くなったり、を繰り返しながら、 11月頃には通学時の痛みの回数がかなり減少してきました。

冬休みに入る頃には、日常生活での痛みはほとんど無くなっていましたが。部活動を再開したいと、走ることにも挑戦してみました。長く走ると、やはり痛むようです。

正しい歩き方の習慣とトレーニングはこのまま続けて、しっかりした足を作っていき、大好きな陸上部に復帰できる日を夢見て、娘も絶対にがんばる、と言っています。

あらためて、先生、どうもありがとうございました。

画像73

柳 直美様(20代 女性 不動産会社)

古屋先生へ。私はこの歩き方に出会えなかったら、今も足がボロボロだったと思います。

中学生くらいから外反母趾気味だったのですが、2年前にリフレソクロジーに行ったとき、足裏マッサージを受けていて、左親指の付け根を強く押されて、症状が悪化してしまいました。

親指のつけ根全体が腫れてジンジンと痛むので、足を地面に着くこともできなくなったんです。

少しでも足のためによいことをと思って行ったのに、とても落ち込みました…

なんとか整形外科に行ったのですが、湿布が出されて、様子をみてください、と言うだけでした。賃貸不動産の営業職なので物件を回って歩くことが多く、仕事ができずとてもつらい毎日でした。

自分でなんとかしようと、市販の外反母趾用サポータやグッズなども試してみましたが効果がなかったです。

それから2年間、左足の親指をかばって歩いていたので、だんだん膝や腰にも痛みが出るようになっていました。つらくて、つらくて、とにかくよくなる方法があれば…という思いで、インターネットでこの外反母趾改善法を探し当てました。

そこでは、足指に体重をしっかりかけて歩くのが正しいことを知りました。それまでは自分の歩き方がおかしいなんて、思ってもみませんでした。といっても初めて行った時は、左親指の付け根が痛くて、足指に体重をかけて歩くことなんかできませんでした。

あの頃は、親指をかばって外側に体重をかけて歩いていましたから。

また、足指でのグーもできませんでした。握ろうとすると、ブルブルと足が震えてしまうんです(笑)。

正しい歩き方をすぐに実行し、トレーニングもあわせて行いました。そうしたら徐々に痛みが楽になってきて、正しい歩き方も自然にできるようになり、 それから加速度的に改善していきました。

なんと始めて3週間くらいで痛みが半分に減りました。2ヶ月くらいたつと、親指の腫れが元に戻りました。2年間もずっと続いていたのに…本当に嬉しかったです!

親指や付け根の部分に体重をかけても痛くなくなったんです。現在、改善の開始から4ヶ月くらい経っていますが、あれほど苦しんだ痛みがまったくありません。

何よりも、職場に復帰できて、バリバリ営業に出られるようになったことが嬉しいです! パンプスがまた履けるようになったので、お洒落も楽しんでいます。 あのまま、親指をかばった生活を続けていたら、数年後にはひどいことになっていたでしょう。

古屋先生には、お礼をいくら言っても足りないですね…!!本当にありがとうございます!

画像74

原 景子様(50代 女性 飲食店勤務)

私は、10年くらい前から、足の親指が変形し始めて、自分で気付いてはいました。指の付け根が痛み始めて、しばらくは無理をしてほうっておいたのですが、居酒屋の手伝いの仕事が毎日忙しかったこともあって、どんどん症状が悪くなりました。

4年位前に、どうにも仕事に支障が出るようになったので、お客さんの紹介で、大学病院の足の専門医の診察を受けました。

レントゲン検査で1pくらい親指の骨がズレている(脱臼)と説明されました。手術は嫌だったので、インソールを作って経過を見ることにしました。

インソールで歩くのは、多少楽になりましたが、付け根の痛みと痺れはずっと続きいていました。 特に朝起きるときの痛みがひどく、すぐに立ち上がれず、両手で壁につかまらないと立ち上がれない有り様でした。

何か少しでも役に立つ情報はないかとインターネットでいろいろと調べ、先生のホームページをみつけたのです。

今後、独立して自分の店をもつことを考えていたので、立ち仕事を続けられるように今より少しでも足を良くしておきたいと考えていました。

私が一番意識したのは、普段の歩き方を正しくする事でした。最初は、なかなか足に力が入らず、フラフラすることも多かった為、トレーニングも併用して行ないました。最初は慣れないので苦労がしましたが、意識してやっていくとだんだんと痛みが弱まってくるのを実感したので、続ける原動力になりました。

始めて1ヶ月もすると痛みはほぼ半分になり、本当に楽になりました。

さらにそこから2週間程度で、足指にも力を入れられるのが自分でもわかりました。足指に力を入れることができると、正しい歩き方がさらに身についてくるんです。

開始して二ヶ月強で、起床時の第一歩が足だけでちゃんと踏み出せるようになりました。その後も、自分の店を持つ為に、という目的をしっかり持って、トレーニングを続けました。

約半年後には、痛みはほとんど消えてなくなっていました。

当然、脱臼してしまった親指は元には戻りませんが、足指に力が入るようになったので指が少し太くなり、足の甲の部分に厚みが出てきて、退化していた足が改善方向に向かっているのが分かります。

約半年でこの状態まできましたので、今後もずっと良い歩き方を続けていくことで、年々ますますしっかりした足になっていくことを感じております。

お蔭様で、ようやくお店のオープンも決まりました。今後も、正しい歩き方でバリバリ働き、お客さんの絶えないよいお店をつくっていきたいです。

先生、本当にありがとうございました!


>> 外反母趾改善DVDの詳細はこちらをクリック!

古屋式・外反母趾改善DVD - 価格キャッシュバック
外反母趾が治った人の写真